ほとんど株 blog

資産運用ブログ

インフレ対策としても株式投資が有利な理由

近年、世界的な金融緩和でインフレを懸念している声があります。このため、私もインフレ対策ついて、考えたので、それをまとめておきたいと思います。

 

インフレがおこると・・

インフレが起きると、全ての名目的貨幣価値が上昇します。つまり、インフレとは、一言でいうと貨幣価値の減価だと思うのです。

 

株式投資がインフレ対策になる理由

インフレ時に有効な投資先は、一般的に金や資源関係、はたまた仮想通貨だと言われるますが、私は優良企業の株式で足りると思っています。その理由は3つ考えられます。

 

1つ目の理由

インフレが発生すると、原材料などのコストが値上がり、業績が悪化します。優良企業であれば、そうでない企業より損益分岐点が低く、赤字になりにくいです。優良企業とは、強固なブランドを持っており、少ないお金で多額の利益を稼ぐことが出来る企業です。また、優良企業はそうでない企業より値上げも行いやすいです。

 

このため、インフレが発生したら、優良企業はそうでない企業が倒産したり弱っている間に一気にシェアを伸ばし、経済が落ち着いたときには大幅な成長が実現できている可能性があります。

 

2つ目の理由

話しを単純化しますが、名目貨幣価値が2倍になるインフレが発生すると、その他の条件がインフレ前後で変化が無いなら、株価が2倍になります。これは他の金やその他資源への投資と比べて遜色はありません。

ただし、インフレ分の追加コストは必要になるので、その分株主還元が減るというマイナス分はありますが、優良株だとそのマイナスはかなり少なくなります。

 

3つ目の理由

更に、現在はインフレ懸念だけであって、数年発生しないかもしれません。仮に商品に投資し、インフレが発生しなければ、株式に投資しなかった分だけの機会損失が発生します。

 

まとめ

以上の事から、優良企業の株式投資は、インフレが発生しても、相当のリターンが見込まれるだけでなく、インフレが発生しなくても、通常通りのリターンを享受できる可能性が高い事が考えられます。

 

なので、インフレの発生可能性について考えるより、いつも通り企業分析に力を注ぎ、いつも通り追加投資や新規投資を行っている方が投資リターンは高くなると私は思います。