ほとんど株 blog

資産運用ブログ

老後貯蓄必要額2,000万円は金融リテラシーが多少あれば余裕にクリアできる目標では?

 

f:id:hotonodokabu:20190610195024p:plain



 以前、NISAの記事で触れましたが、大変、金融庁の老後貯蓄必要額について、世間が一部盛り上がっています。世間では「そんな貯金を溜めれる事はできない」「年金制度は安心の制度と言っていたのに詐欺だ」というような声が大きいようです。しかし、私は現在の経済環境であれば65歳で月額5万円を現役時代の貯蓄で補えばよいのかという事がわかり、目標を立てやすくなったなぁと感じました。

 2,000万円もあれば、配当利回り5%の銘柄に分散投資すれば100万円も年間で配当が貰えるので、生活費(収入が年金のみの場合の不足額60万円)にさらに御釣りも得る事ができます。また、貯蓄0円の30歳の人が65歳までに2,000万円を溜めようと思うと月々S&P500(7%複利)に1.2万円を積立投資を行えば溜めれます。

 月々1.2万円ですよ。それくらいは溜めれない方がダメだと思います。今、政府関係者の方々が責められているのは可哀そうだと感じますし、同時に責めている人は現実を見ない報道を行い大変無責任だと感じます。

 金融リテラシーがある程度高い人は、余裕でクリア可能なゲームだと思いますが、そうでない人は大変苦労する現実だと思います。