ほとんど株 blog

資産運用ブログ

フィリップモリスインターナショナル(PM)2019年度1Q決算 速報所感

f:id:hotonodokabu:20190419002412p:plain

先ほど、フィリップモリスインターナショナル(PM)の決算が公表されたので、さっと内容を見ました。

株価は一時3%弱下落しましたが、全体としての感想は、悪くなかったのではないかと思います。

理由を挙げてきます。

 

悪くなかったと感じた理由

業績

  2019 2018 vs
税抜き売上 6,751 6,896 -2%
為替抜き売上 7,120 6,896 3%
営業利益 2,050 2,426 -15%
減損 -453 0  
為替影響 -144 0  
為替・減損抜き営業利益 2,647 2,426 9%
EPS 0.87 1.00 -13%
EPS organic 0.93 1.00 -7%
forecast      
EPS 4.87 5.08 -4%
EPS organic 5.23 4.84 8%

売上:販売数量1.1%up、シェア1.0pp up、価格上昇

減損:ラテンアメリカ・カナダで発生

EPS:市場予想1.09を下回る

EPS organic:市場予想0.99を下回る

forecast EPS:前回5.28から下方修正

所感

市場予想や会社の業績予想と比べると悪くなっていますが、販売数量の増加やシェアの改善、ICOSの日本販売量の増加と、事業の根幹にかかわるところではちゃっかり成長しており、そんなに悲観する業績ではなかったのではないのかと思います。