ほとんど株 blog

資産運用ブログ

世界最大の資産運用会社ブラックロックの成長率の考察

今日は、世界最大の資産運用会社ブラックロックについて、事業内容を簡単に確認して、成長率について考察していきたいと思います。 事業内容 ブラックロックは、顧客から預かった資産を運用することを主な事業としており、その他運用業務から派生してアドバ…

フィリップモリスインターナショナル(PM)2019年度1Q決算 速報所感

先ほど、フィリップモリスインターナショナル(PM)の決算が公表されたので、さっと内容を見ました。 株価は一時3%弱下落しましたが、全体としての感想は、悪くなかったのではないかと思います。 理由を挙げてきます。 悪くなかったと感じた理由 業績 2019 201…

国内小型株の投資成績4月時点について

今年は、昨年度末が大変な株価下落の反動もあって基本的には好調です。しかし、それは米国大型株の株価が好調なだけであって、国内小型株の株価は年初来で5%も上昇していません。完全に取り残されています。 このため、保有を継続しても問題ないか、一度、保…

IBM2019年度1Q決算について

こんにちは 今回は、ピーターリンチいわく「永遠の不発弾」ことIBMの2019年度1Qの決算について、見ていこうと思います。 IBMとは 第二次世界大戦前 IBMは、正式にはInternational Business Machines Corporationといい、1911年に設立され、設立当初はパンチ…

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)について

今日は、先日フィリップモリスインターナショナル(PM)について記事を書いたので、それとの比較の対象としてブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)について、記載します。 事業内容 当社は、PMと同じで、タバコの製造・販売を行っている国際企業です。歴…

アメイズ(6076)の2019年度1Qについて

先日4/10(水)にアメイズの2019年度1Qの決算発表がありました。業績はよくありませんでした。おかげで1,300円→1,100円と15%程度も株価が下落しました。 では何が良くなかったのか、見ていこうと思います。 2019年1Q前年比較の考察 今期は、売上高が△2%、売上…

フィリップモリスインターナショナル(PM)値上げによる収益向上分の使い道

先日、フィリップモリスインターナショナルに関する以下の記事で、この10年間、ドル高による影響でドル建ての業績が伸び悩んでいますが、現地通貨では成長が8.5%程度あったことを紹介しました。 <参考該当記事> https://www.hotondokabu.com/entry/2019/04…

フィリップモリスインターナショナル(PM)のオーガニックな実力

こんにちは 今日は、個人投資家に人気があるタバコ銘柄のフィリップモリスインターナショナルの分析を行っていこうと思います。この銘柄は色々なサイトですでに紹介されていますが、シーゲル教授が「株式投資の未来」で過去半世紀のリターンで№1との紹介が…

ナルミヤ・インターナショナル(9275)はショッピングモールが好調な人気子供服ブランド

ナルミヤインターナショナルの個別銘柄の分析を行っています。現時点の指標を見ているとそこまで割安な感じはしませんが、そこは今後の成長率を加味して判断すべきだと思うので、基本的な情報を確認し、成長率を検討していきたいと思います。なお、成長率の…

アルテリアネットワークス(7199)の個別銘柄分析

今回は2018年12月に上場したアルテリアネットワークスの分析を行っていこうとおもいます。同社の事業内容や業績分析を通じて、現状の株価がどれほど割安か、または株価下落した際、購入するに値するかを検討したいと思います。 基本情報 会社名 アルテリアネ…

アルヒ(7198)の個別銘柄分析

2017年に上場したアルヒについて分析を行っていこうと思います。先日紹介したプレミアグループと同様にその他金融業であり、上場時期も同時期のため、証券コードが1番違いになっています。 基本情報 会社名 アルヒ 事業内容 その他金融業 決算期 3月 証券コ…

プレミアグループ(自動車ワランティ)分析

前回、売上高の60%(2018年度決算より)を占める「オートクレジット」の分析を行いました。同社には、売上高の23%を占める主力事業である「自動車ワランティがあります。今回は、この「自動車ワランティ」の分析を行っていこうと思います。 自動車ワランティの…

プレミアサービス(オートクレジット)分析

同社は、「オートクレジット」と「自動車ワランティ」の二つが主力の事業サービスとなっています。2018年3月時点で全社に占める売上の割合は「オートクレジット」が60%で「自動車ワランティ」が23%でした。今回は、まず売上が大きい「オートクレジット」の分…

プレミアサービス(7199)概要分析

プレミアサービスの個別銘柄の分析を行っています。同銘柄はIPO時は割安成長株で大変期待していたのですが、前年末にMSワラントを発行し、多くの投資から失望売りを浴びました(私も売りました)。しかし、最近、MSワラントの買取を発表したため、再度購入の…

アメイズ(6076)の個別銘柄分析

銘柄分析の第一弾はアメイズにしようと思います。 基本情報 会社名 アメイズ 事業内容 ホテル業 決算期 11月 証券コード 6076 創立年月日 1924年 上場年月日 2013年 時価総額 187億円 売上 147億円 純利益 20億円 従業員数 112人 株価および一株情報 株価 1,…

連続増配する大企業の株を保有し続ける6つの理由 その2

前回、連続増配する大企業の株の購入基準について、記載し、保有し続ける事のメリットを説明しました。では、次にどのような株価で購入すればよいのか?という疑問が出てくると思います。これについても前回の購入基準に記載していますので、その意味を解説…

連続増配する大企業の株を保有し続ける6つの理由

私は連続増配するであろう大企業の株も保有しています。大企業は中堅企業と比べブランドを有しており、一般に倒産リスクが低いと思われるからです。では、どのような基準で購入すればよいか以下にて記載します。 大企業株の売買基準 大企業株の売買基準は、…

国内小型株の売買基準

私は国内小型株を保有しています。理由は、一般に小型株は大企業と比べリスクは高いのですが、うまくするとローリスク・ハイリターンを期待できるからです。では、どのような基準で売買をすればよいのか以下にて基準を記載します。 国内小型株の売買基準 国…

はじめまして

はじめまして 私は、アラフォーの妻子持ちの中年男子です。まずは簡単な自己紹介から行っていき、株式投資歴やブログを開設するにあたった理由を紹介していこうと思います。 まず、私は2009年夏から株式投資を初めまして、約10年が経とうとしています。また…