ほとんど株 blog

資産運用ブログ

個別銘柄投資について

個別銘柄の投資を行うとなると、私はIR資料やその他の情報から、会社の成長率を推測します。そして現在の株価と対比して、購入の可否を決定します。 経験上、IR資料から考えて、会社の成長率を推察した場合、売却するまでの期間で大きく外れて、株価が下落し…

4421 DIシステムの購入判断について

DIシステムを購入したので、購入に至る判断を記載します。 財務分析 売上上昇率が15%程度で営業CFも黒字連続、投資CFが少ないのが特徴です。 投資CFが少ないのは、固定資産が少ないことからも読み取れます。在庫もほとんどないです。現預金が総資産の4割強を…

VTIとVYMの分配金の利回りについて(その3)~VYMの方が有利?~

ETF

VTIとVYMの分配金の利回りに関する分析を行います。 前回以前のおさらい まず、前回と前々回のおさらいから始めます。 ・YTIとVYMは価格の増減するが、どの時点でも分配金の利回りは大きく変わらない。つまり、分配金の利回りだけでその時点の割安度を判断で…

VTIとVYMの分配金の利回りについて~リーマンショック時の分配金の回復期間~(その2)

ETF

先日、VTIとVYMの分配金の利回りについて、グラフを載せ、いつ投資しても投資時点の利回りは同じだと説明しました。しかし、どちらもリーマンショック時は減配され、回復まで時間がかかりました。どれくらいかかったのか見ていきたいと思います。 分配金の再…

アッビィ(abbv)によるアラガン(agn)の買収について

今朝、起きたらアッビィの株価が暴落していてびっくりして、ニュースを調べるとアラガンの買収が発表されていました。 今回の買収について、考えていきたいと思います。 アラガンとは アラガンは美容や眼科に強い製薬会社です。おおよそ、売上高150億ドルで…

VTIとVYMの分配金の利回りについて(その1)

ETF

私は米国株は売却を前提とせず、リターンは分配金のみの前提にたって投資しています。その視点でVTIとVYMについて分析してみます。 VYMは2006年に作られたETFなので、年間のデータがそろい、リーマンショック直前である2007年をスタートにした分析にします。…

7605フジ・コーポレーションについて

保有株の一つであるフジ・コーポレーションについて、簡単に紹介していきたいと思います。 事業概要 当社は、画像にも示した通り、車のホイールやタイヤを販売する小売店です。近藤真彦さんのCMが流れているようで、御存じの方もいらっしゃるのではないでし…